HOME 第25回〜第30回  第31回〜第35回 第36回〜第40回  第41回〜第45回  第46回〜第50回  第51回〜第55回  第56回〜第57回  第64回〜第67回

第35回 平成25年8月24日開催

 

「今すぐできる空室対策」

平成25年8月24日開催の第35回未来塾の模様をお届けします。

 

今回は9月の繁忙期直前の空室対策をテーマにお届けしました。

講師は、未来塾運営会社 株式会社アイ・ディ・コミュニティー代表取締役 山口卓二が務めさせて頂きました。

 

 

空室対策【その前に!】

  →物件の現状分析、競合物件は?家賃相場は?

   仲介業者を知る

空室対策【リフォーム編】

  →まずは掃除、掃除、掃除

   外観イメージ、物件のネーミングも大事です。

   エントランスは物件の「顔」

   せっかくのリフォーム・リノベーション、人気設備の上位は必ず導入しましょう!

   原状回復にとどまらないリノベーションで、物件の市場価値を高める。

空室対策【入居者募集戦略編】

  →今は物件探しもインターネット検索が主流

   反響の出るチラシとは

   仲介業者を味方につける

空室対策【案内編】

  →案内の際に、なるべくお客様に好印象を持って頂くためのしかけ

   第一印象が大切、入居予定者の期待を超えられるか!?

空室対策【入居者保持編】

  →いくらすぐに満室になっても、空室が埋まる端から退去があるのでは意味がありません。

   入居者に長く住んで頂くのが究極の空室対策です。

 

全国の空室率が上方推移を続けている中、何も手を打たなければ、どんな物件も勝ち抜けません。

ぜひ当セミナーの内容をご活用して頂きたいと思います。

                          

 

         

 

第34回 平成25年7月20日開催

 

「知識不足は資産を減らす PartIV」

平成25年7月20日開催の第34回未来塾の模様をお届けします。

前回に引き続き、不動産コンサルタントの岡本誠司先生の講演でした。



 1.日本の資産家は3つに区分される?


 2.分割・承継、メインに対策を

   →金融資産はともかく、やはり問題は不動産です。大事な事は、所有不動産一覧表の作成



    敷地権、分筆、合筆登記を上手に活用!事前の準備と家族会議が必要です!


 3.生前贈与対策

   →年間、110万円の基礎控除の活用

 4.物納も一つの手段

 5.悲劇は続く・・・・・?

 6.こんな物件は入居者から嫌われる?

   →部屋を探している人は何を見ているのか、どこを見ているのか

    外観、エントランス、ゴミ置場、駐輪場、所有物件を見直してみましょう。

 7.私の好きなゴミ箱?

 8.こんな所も注意して?

   →1Fに品のない居酒屋または焼肉屋が入っている?

   →ファミリータイプの賃貸マンションの隣地にコンビニエンスストア?

   →ファミリータイプの賃貸マンション徒歩1分のところに公園?

   →ベランダ側の南側一面に墓がしっかり見えるのは?

 9.泥棒の心理?

 10.建設業者の選び方!!

 11.坪単価って何?

   →賃貸住宅を建設する際の坪単価



   →賃貸住宅の場合は一戸当りいくら?




 12.土地活用、長所・短所

 13.今年度の税制改正と時期

 14.税務調査の確率は?

 15.土地は手放したくない、でも?

 16.底地人さん借地人さんは今何を?

 17.民事信託、応用編?




今回は、当事務局の苅谷も「借地権」について講演させて頂きました。










第33回 平成25年6月22日開催

 

「怒りの固定資産税」

平成25年6月22日開催の第33回未来塾の模様をお届けします。

「怒りの固定資産税」と題して行われた今回のセミナー。

不動産を所有されておられる方は、「固定資産税」に頭を悩ませておられるのではないでしょうか。

3301

数々の事例の提示で、固定資産税を安くする方法を非常にわかりやすくお話頂きました。




(例1)

土地をフェンスで区切り登記簿上も2つに分筆し、片方は賃貸アパートとし、片方を月極駐車場としている場合で、なおかつ月極駐車場の利用者がアパート入居者の場合。

→フェンスを外して、月極駐車場をアパート用駐車場として利用、登記も合筆すれば節税に!



(例2)

角地に建物が二棟ある場合、安い方に面した区画を作ると固定資産税が安くなることがある?



(例3)

建て替えでこれまで住んでいた住居を取り壊す場合。

→「滅失登記」・「取り壊し」にはタイミングがあります!「事前届出制度」を利用する!





などなど、知らないと損をする情報が盛りだくさんでした。



ご来場頂いた皆さまには、ぜひ本日の内容を活用し、上手に節税して頂きたいと思います。






第32回 平成25年5月18日開催

 

「平成25年度税制改正大綱 知らなきゃ資産を守れない?」

平成25年5月18日開催の第32回未来塾の模様をお届けします。

 

今回はどんな方にも関わってくる「税金」についての講演でした。

税理士 國田修平氏より平成25年度税制改正の影響やポイントをお話頂きました。

 

 

相続税、贈与税、所得税の改正の中でも特に資産運用に深く関係してくる部分についてのお話でした。

 

中でも、今、注目されている「教育資金の一括贈与に関わる贈与税の非課税措置」については、

来場された皆様も強く関心を持っておられるようで、しきりにうなずきながら聞いておられました。

上限1,500万円まで贈与税が非課税となるのは魅力ですが、通常の贈与に比べて領収書等の提出が

必要だったり、作業が煩雑な部分もありますね。

 

 

また、「小規模宅地等の特例の拡充」も土地を所有されている方には興味深い内容だったと思います。

         

ぜひともご来場の皆さまには本日学ばれた内容で、しっかりご自分の資産を守って頂きたいと思います。

                   

 

         

 

         

さて、最後に、今回のお菓子はこちらでした。




第31回 平成25年4月21日開催

 

「役に立つ保険と役に立たない保険? 資金運用のイロイロ(株・債権・投資信託等々)」

平成25年4月21日開催の第31回未来塾の模様をお届けします。

 

今回は 前回(第30回) の賃貸不動産経営の内容からはガラリと変わり、

「資金運用」についての基本的な事柄から様々な手法に関する情報まで、ファイナンシャルプランナー 前川富士雄氏にお話頂きました 。

 

 

 

特に、ご自身でもやっておられるという投資信託の分配金再投資戦略は非常に興味深かったです。 

来場された方の中にも参考にされる方が多いのではと思います。

インフレ対策を考えると、資金運用はあらためて大切だと感じます。

 

 

また、生命保険を活用した相続対策は、相続でお悩みの方にぜひ聞いて頂きたい内容でした。

 

 

さて、今回セミナーの休憩時間には「薩摩芋タルト」をお出ししました。

ご来場の皆さまにはお喜びいただけたでしょうか。

 

 

 

 




セミナーのお申し込みはこちら