第45回 平成26年6月29日開催

 

「完全個別相談会」

平成26年6月29日に開催された未来塾の模様をお届けします。

本格的に梅雨に入り、過ごしにくい日々が続いておりますが、

皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

今回はいつもと違って特別開催です。

完全予約制の「個別相談会」となっております。

全部でご相談は10組ほどいただいておりまして、

一日ご対応いただきました不動産コンサルタントの皆様、士業の先生方、本当にありがとうございました。

ご相談内容は、

賃貸経営のご相談、お年を召されたお父様との関係、遊休地の有効活用方法、戸建て賃貸の提案依頼、税制対策、

信託についてのご相談、新築物件の仕様等プランのご相談など、様々なご相談をいただけました。

具体的に調査依頼もいただき、現在進めて行っている案件もございます。

やはり、資産運用のプロに相談することによって、

普段から感じていた悩みを解決できた方もいらっしゃいましたし、今後どのように動いていけば良いかがハッキリして、

既に実際に行動に移されたオーナー様もいらっしゃいます。

「人生は出会い」だと私は、つくづく感じております。

「もっと早くお会いできていれば…」

本当にたくさんのオーナー様にお言葉をかけられております。

次回は、第46回未来塾になります。

講師:

不動産コンサルタント 苅谷真(株式会社アイ・ディ・コミュニティー)

テーマ:

≪空室対策(成功事例)と仲介業者の上手な使い方≫

当日は6回に分けてタイムスケジュールを組んでおります。

 @図面1枚が「空室」「満室」の分れ目。
 A業者の意識を変えるコミュニケーション術。
 B仲介業者の特性を知る。
 C仲介業者と管理会社の違いを知る。
 D業者を理解するだけで「空室対策」に。
 E「空室対策」成功事例など
 

講師より一言

今回は、リフォーム・リノベーションありきの空室対策ではなく、

意外と見落としがちな、仲介業者の上手な使い方をメインにお話しさせていただきます。




連絡先は、

未来塾運営

株式会社アイ・ディ・コミュニティーまで

TEL:0120-994-035

Mail:info@miraijuku-idc.co.jp

事務局長:東山 愼


未来塾では、知識習得・向上を目指して皆様に最新の情報を提供し続けます。


皆様のご参加を心より、お待ちしております!




第44回 平成26年5月17日開催

 

「まったなしの相続税法改正!財産を残すためのポイントは!?」

平成26年5月17日に開催された未来塾の模様をお届けします。


日本各地で猛暑日が記録されておりますが、

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいね。


今回は、

将来的に相続が予想されるオーナー様向けに、相続税法の要点をご説明し、

その中で、財産を残す上で最も重要なポイントについての講演でした。

今回も、初めて未来塾にご参加いただけた方が、2組もご来場くださいました。

また、その内1組の方には会員にもなっていただきました。

皆様が来られた理由は、相続に際し何をしたらいいのか?

相続に関して、自分の知識について不安がある方でした。

どんな方にも、少なからず不安はあるかと思います。

未来塾では、皆様のそんな不安を少しでも取り除けるように尽力していきます。



さて、本題に入りますが、


未来塾第44回≪まったなしの相続税法改正!財産を残すためのポイントは!?≫

講師は、

國田修平税理士事務所税理士の國田修平氏でした。


今回ご講演いただいた主な内容の目次は以下でした。

@平成27年以降の相続税・贈与税はこうなる!

A相続税法の改正が及ぼす影響とは!?

B財産を残すためのポイントはこれだ!

C今から始めるべき相続対策!

特に、現在施工されている相続税・贈与税と平成27年以降に実施される相続税・贈与税についての比較は、

非常に分かりやすく、未来塾終了後のアンケートでも「丁寧な説明で分かりやすかった!」と評判でした。

何点か驚かされた内容があったのですが、

その中でも、相続税の基礎控除額が縮小されるという話は衝撃的でしたね。

従来の法律だと、

基礎控除額=1,000万円×法定相続人の数となっていました。

(5人の場合だと、5,000万円が控除されていました)

それが…

基礎控除額=600万円×法定相続人の数に変わってしまうのです。

(5人の場合だと、3,000万円のみの控除になります)

なんとその差額は、40%OFF!!

バーゲンセールだと非常に嬉しいのですが、

相続を控えている皆様におかれては、死活問題です。

その他にも、分かりやすく表にまとめていただいた、

「現行の税率構造」と「改正後の税率構造」の比較を見て驚愕させられました…

基礎控除額が40%OFFになったことは別に、相続税率がアップするのです!

ひどい話ですよね。

どこまで税金を取るんだ!と思いますが、実はその反対に、控除を拡充するところがいくつかあります。

それは、

「未成年者控除・障がい者控除の拡充」と「小規模宅地等の特例の見直し」です。

とても気になるところですが、概要だけお伝えします。

「未成年者控除・障害者控除の拡充」


未成年者控除:20歳に達するまでの年数×6万円 ⇒ 10万円

障がい者控除:85歳に達するまでの年数×6万円 ⇒ 10万円

特別障がい者:85歳に達するまでの年数×12万円 ⇒ 20万円

にそれぞれ拡充されます。

「小規模宅地等の特例の見直し」

相続人等が相続した土地のうち、事業用のものや居住用のものなどで一定の要件を満たせば、

相続税の対象になる評価額を「最大で400uまで80%減額」減らせる制度です。


と、まだまだ書きたいことはたくさんありますが、今回はこれくらいにしておきます。

今回の講演を聞いて、明日からやってみよう!と思った家主様地主様もいらっしゃったと思います。

本当に為になる勉強会になっていますので、お時間ございましたら、ぜひご参加くださいね!


次回第45回未来塾では、

完全予約制の個別相談会を企画しております。

相続対策・節税・空室対策・土地活用・保険の見直し・家賃滞納などの不動産トラブル…

などなど、ここには書ききれませんが、家主様地主様にまつわる諸問題、何でもご相談ください。

今回の会場は、いつもと違いますのでご注意ください!

会場は、株式会社アイ・ディ・コミュニティーです。

大阪府吹田市広芝町10-35 江坂南口第二ビル6階

最寄駅:地下鉄御堂筋 江坂駅 7番出口 徒歩1分になります。

 

当日は6回に分けてタイムスケジュールを組んでおります。

 @9:30〜
 A11:00〜
 B13:00〜
 C14:30〜
 D16:00〜
 E17:30〜
 

参加予定の先生方は、
 不動産コンサルタントの岡本誠司先生
 税理士(未定です)
 司法書士の北詰健太郎先生
 ファイナンシャルプランナーの前川富士雄先生
 不動産コンサルタント 山口卓二
 不動産コンサルタント 苅谷真
 以上です。


無料で各専門家から専門的なアドバイスを、なんと無料でご準備させていただいております。

こんなチャンスは滅多にありません。

ぜひご活用くださいませ。




連絡先は、

未来塾運営

株式会社アイ・ディ・コミュニティーまで

TEL:0120-994-035

Mail:info@miraijuku-idc.co.jp

事務局長:東山 愼


未来塾では、知識習得・向上を目指して皆様に最新の情報を提供し続けます。


皆様のご参加を心より、お待ちしております!




第43回 平成26年4月19日開催

 

「老朽アパート・文化住宅の今後?」

平成26年4月19日に開催された未来塾の模様をお届けします。


どんどんと温かくなってきていますね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?


皆様の資産をお守りする為に、より一層、企画・運営の向上に努めていきたいとおもいます。


さて、本題に入りますが、

今回は、

老朽アパート・文化住宅をお持ちの家主様に向けてのセミナーでしたが、

なんと今回、新規で6組の家主様にお越しいただけました!

その内、半数の3組の方に未来塾の会員になっていただけました!

ありがとうございます。

もっと未来塾を活用していただき、皆様の資産を守るお手伝いをさせていただければと思います。



それでは、セミナー内容に移ります。


未来塾第43回【老朽アパート・文化住宅の今後?】

講師は、

資産活用大学の主宰 資産コンサルタント 岡本先生氏でした。


今回ご講演いただいた主な内容は、

皆様がお持ちの古い貸家、老朽アパート、文化住宅を対象にしたご講演でした。

今回も具体的な全国の事例をもとにお話していただきました。


実は、前回の第42回お話していただけきました『信託』についての実際の事例をお話いただけました!

本当に貴重なお話でした。

全国でも何十と事例が出てきていない、『信託』の事例を細かくお話いただけるんですよ!?

ラッキーとしかいいようがないですね。

また、『信託』の特徴でもありますが、信託契約は非常に柔軟性に優れ、色んなところに応用が可能です。

例えば・・・

≪ペット信託≫なんてことも可能になります。

従来の法律では不可能だった「ペット動物への相続」を実質的に可能とする仕組みで、

受託会社及び周辺の協力者の手により、買主不在となった後のペット動物の世話や訓練、

引き取り手探しなどを行い、ペット動物の寿命を全うさせるまでの面倒を見てもらう契約も可能です。


その他でいうと、

≪福祉型信託≫、≪遺言代用信託≫、≪受益者連続型信託(後継ぎ遺贈型信託)≫なども柔軟性がある、

信託契約ならではの契約といえますね。


また、信託の説明を終えた後は、『資産の組み換え』についても言及されておりました。

メンテナンスや大規模修繕のことを考えると、同じ資産を保有し続けることは相当な計画が必要です。

色んなシュミレーションを通して、資産を保有し続けるのか、資産の組み換えを行うのかの判断は必要になってくると思います。


今日の講演を通して、ある内容について、何名様からかご質問をいただきました。

それは、「定期借家契約」についてです。

現在、皆様はお部屋を貸される際に、どのような契約形態でされておりますか?

基本的には、普通賃貸借契約になると思います。

ここでは、皆様に「定期借家契約」をオススメされていました。

私個人な意見としても、「定期借家契約」は強力な武器になると思います。

詳しくは、ご質問くださいね!


次回第44回未来塾では、

税理士の国田修平氏によるご講演です。

【まったなしの相続税法改正!財産を残すためのポイントは!?】をご講演いただく予定です。

◎テーマ
 @平成27年以降の相続税・贈与税はこうなる。
 A相続税法の改正が及ぼす影響とは?
 B財産を残すためのポイントはこれだ!
 C今から始める相続税対策!


◎講師コメント
 いよいよ目前に迫った相続税法の改正。
 今回ばかりは待ったなしの予感です。
 来年以降の相続とどのように向き合うのかは、築いた財産を守れるかどうかの
 大きなターニングポイントともいえるでしょう。
 改正の内容とその影響を押さえたうえで、相続を考えるときの大切なポイントと対策を理解してみませんか。


未来塾では、知識習得・向上を目指して皆様に最新の情報を提供し続けます。


皆様のご参加を心より、お待ちしております!



第42回 平成26年3月30日開催

 

「信託〜具体的な相続対策活用方法〜」

平成26年3月30日に開催された未来塾の模様をお届けします。


まだ少し寒さの残る季節ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

皆様の資産をお守りする為に、より一層、企画・運営の向上に努めていきたいとおもいます。


さて、本題に入りますが、

 

今年に入って未来塾が力を入れて取組んでいる『信託』についてのご講演でした。

『信託』は、相続対策で注目を浴びつつあります。

ですが、なかなか普及しません。それはなぜか?

理由は、『信託』を使いこなせる士業の先生方がほとんどいらっしゃらないからです。

今、少しずつですが『信託』の必要性を理解し、学ぼうとしている先生が出てきております。


『信託』は、まだまだ実例の数は少ないですが、これから必ず相続対策の主流となると思います。

ご興味がございましたら、ぜひご参加くださいませ。

それでは、セミナー内容に移ります。


未来塾第42回【信託〜具体的な相続対策活用方法〜】

講師は、

司法書士 北詰 健太郎氏でした。



今回ご講演いただいた主な内容は、

信託の歴史、具体的な活用方法、そして、信託×一般社団法人の制度概要についてお話頂きました。

信託の始まりはご存知ですか?信託の歴史の始まりは、中世ヨーロッパの十字軍が起源とされています。

十字軍の遠征に参加する兵士が信頼のおける隣人・友人に土地を信託し、無事帰還するまで、仮に戦死してしまった際に備えて、

自分の家族のために管理運用させ、その収益を自分の家族に受益できるようにし、所有地が没収されず承継されるようにしたことが起源の1つとして取り上げられています。

その他にも、諸説色々ありますが、この説が一番有力とされています。


≪信じて、託す≫

この言葉をそのまま、『信託』としているところが面白いですね。


その後は、具体的な内容をお話頂きました。

 1.老後への備えのための信託
 2.浪費癖のある子供から孫の財産を守るための信託
 3.未成年の子のための信託
 4.賃貸不動産を信託する

すべて、なるほど!と思えるような分かりやすい内容でした。

信託だけではなく、何でもそうですが、「原則」さえ理解できれば応用は可能なんだなと考えさせられました。


最後に、『信託』×『一般社団法人』についてお話頂きました。

こちらは時間の関係上、制度と費用についてだけでしたがかなり興味をひかれました。


『信託』については、

今後もどんどん取り入れていこうと思っております。ご質問も受け付けておりますので、何でも仰ってください。

逆に、こんな会を開いてくれ!というご要望がありましたら、出来る限りすぐに反映させていただきますので(笑)


また今回、未来塾に新しくご来場いただいた新規のお客様が4組いらっしゃいました。

その内2組の方に、未来塾の会員になっていただきました。

一度会員になっていただくと、未来永劫無料で未来塾にご参加いただけます。

また、ご親族の方であれば何名でも一緒にご参加いただけます。

知識武装を目指して、どんどんご参加いただければと思います。

次回第43回未来塾では、

資産活用大学の主宰、岡本先生によるご講演です。

【老朽アパート・文化住宅の今後?】をご講演いただく予定です。

今回は皆様が気になっている、老朽化した建物についてポイントを絞って講演させて頂きます。

特に、造築30数年文化住宅築40年等々経過した建物の資産再生手法です。必見ですね!

負の遺産を次世代へ先送りにしないよう、必ずご自身の代で対策を立て実行して頂きたいと思います!


未来塾では、知識習得・向上を目指して皆様に最新の情報を提供し続けます。


皆様のご参加を心より、お待ちしております!



第41回 平成26年2月15日開催

 

「無知では済まされない税金の知識」

平成26年2月15日に開催された未来塾の模様をお届けします。


雪が舞うくらいお寒い中、自分の知識向上の為に未来塾へご参加されるオーナー様には、

本当に感謝の言葉しかありません。

皆様の為に、より一層、企画・運営の向上に努めていきたいとおもいます。

いつもありがとうございます。

 

さて、本題に入りますが、

前回第40回未来塾の国田税理士の税金のお話に続いて、

今回もご要望がたくさんございました、税金についての講演でした。

講師は、資産コンサルタント 岡本 誠司氏でした。



今回ご講演いただいた主な内容は、相続時の税金対策についてでした。

まずは、相続対策の基本知識から問いかけがございました。

バブル以前は、
 @節税〜如何にして税金を安くするか!
 A納税〜如何にして納税資金を作るか!
 B分割〜如何にして揉めないように分けるか!

という優先順位で相続は考えられていました。

ただ、意識や法律がどんどんと変わっていき、現在は…

現在
 @分割
 A承継
 B納税

という優先順位に変わっていきました。

ただ、相続対策時によく陥る落とし穴があります。

それは、「借金」です。

借金=マイナスの財産です。


マイナスの財産は、他人に気軽にアドバイスを求められず、先送りにされがち。

その結果、将来マイナス財産を知らない子供たちの人生を狂わせてしまうかも…


マイナス財産を承継しない為に大事なことは、
 @被相続人は、しっかりと自分の資産状況を後世に伝えること(遺言書があるとなおよい)
 A相続人は、うかつに相続財産に手を付けない
ことです。


これは非常に大事なことです。

@は、言うまでもなく言葉の通りですが、

Aは、飛びついてしまいそうになるお気持ちも分かりますが、しっかりと自制して、

まず、相続財産の調査を行い、特に借金と保証債務があるかないかを徹底的にお調べください。

調べる前に売却、権利行使などの行動に出てしまうと、法廷単純承認とみなされ、

相続放棄ができません。


では、その他にどんなものがあるかご紹介しておきますと、

前述の「単純承認」「相続放棄」「限定承認」の3つが、

実際の相続人が選べる権利です。

※それぞれに制限・制約はございますので、ご注意ください。


今までご説明させていただきましたが、もう一般常識化してきている相続対策ですよね。

具体的に、もっとはっきりした相続対策はあるのでしょうか。

よく聞くご質問です。


一定の条件はございますが、条件を満たせば、

土地330u(平成26年12月31日までは240u)の評価額を80%割り引いて、

20%にすることができる特例があります。

これを、【小規模宅地特例】といいます。


上記の条件とは?
 @被相続人の配偶者が相続する
 A被相続人と同居していた親族が相続して引き続き住む。
 B相続前3年間に持ち家のない別居していた親族が相続を受け住む。
以上です。


すごく身近にありそうな話ですよね。

※平成27年1月1日から適用されますのでご注意ください。
 また、しっかり管轄税務署及び税理士にご確認ください。


そのあとは、相続時精算課税制度と暦年贈与対策どちらを使った方が得なのか?

といったところもご説明いただきました。


今流行の民事信託についても触れた後、具体的な事例をご紹介いただきました。

少しだけ事例についてお話すると、

母の想いを体現するためにはどのような手法を取れば良いのか。

とても勉強になりました。

相続欠格と廃除があるというのを恥ずかしながら、私は初めて知ることができました。


今回のセミナーでは、第二部での無料個別相談にて多くのご相談を頂きまして、

次回に持越しになったご相談もいくつもございます。

ぜひこの機会を逃さず、ご参加ください。


また、次回第42回未来塾では、司法書士の北詰先生によるご講演です。

【信託〜具体的な相続対策活用方法〜】をご講演いただく予定です。

今流行の信託についての具体的な活用法をあげて、ご説明します。

興味があるけど、なかなか一歩踏み出せないという方も、

具体的な活用方法が分かれば、きっとイメージできると思います。


未来塾では、知識習得・向上を目指して皆様に最新の情報を提供し続けます。


皆様のご参加を心より、お待ちしております!






セミナーのお申し込みはこちら